ダイエットはマッチョに聞け!

ダイエットしたい人・マッチョになりたい人のためになる情報があるかも!?

丼で絶対にデカくなる!

どうも、よしです。

 

みなさんは食べることに苦戦したことはありますか?

バルクアップでは食べなければデカくなりませんよね。

 

手っ取り早くデカくなるにはを食べればいいんです。

ダイエット中の人は見ない方がいいかもしれませんよ。

 

 

なぜ丼がいいのか?

丼のメリット

・たんぱく質と炭水化物が同時に摂取できる

・ランチメニューにある場合が多い

・安い&早い&上手い!

 

肉系丼

たんぱく質といえばですよね。

肉とご飯の相性は抜群です。

 

動物性たんぱく質はアミノ酸スコアが100のものばかりなので、筋肥大には最適ですね。

脂質の多くない赤身のお肉であれば最高です。

 

オススメはハラミやローストビーフなどのもも肉

 

脂質が多いマヨネーズやタレがかかっているのは注意が必要ですよ。

 

f:id:dietmacho:20181209165213j:image

f:id:dietmacho:20181209165221j:image

海鮮系丼

海鮮はたんぱく質が豊富でDHAEPAなどの良質な脂質も含まれているものもありバルクアップに適しています。

 肉系丼よりもあっさりしているので、たくさん食べることが出来ます。

 

タレは醤油が多いので無駄な脂質がないのもいいですね。


f:id:dietmacho:20181209165201j:image
f:id:dietmacho:20181212161715j:image

 

卵かけご飯

丼と言えるかどうかは分かりませんが、たんぱく質と良質な脂質が含まれている卵。

 

朝ごはんに最適です。

 

たんぱく質と炭水化物を摂取したいけど、朝から肉や魚の丼を食べるのはなかなか難しいですよね。

 

朝からしっかりと栄養を体内に摂取しなければ、筋肉が分解していきます。

ちなみに卵は生卵より半熟卵の方が吸収率は高いです。

 

番外編

丼ではないですが、オススメの食べ物

 

オムライス

栄養価が高い卵とご飯の組み合わせ

卵を数個使うのでたんぱく質もしっかりと摂取できます。

 

ご飯がチキンライスだと更にたんぱく質は多くなります。

 

注意しなければならないのは、外食のオムライスは卵の他にソースからの脂質が多いので、カロリーは高めになることがあります。

 

オムライスは肉系に比べて重くないので量を食べることができるのがオススメです。

f:id:dietmacho:20181209165153j:image

カレーライス

「カレーは飲み物」という名言があるようにいくらでも食べることができます。

脂質は結構多いです。

しかも、トッピングをしないとたんぱく質は少ないです。

 

家で作れば脂質も抑えられるし、鶏胸肉などのたんぱく質を自由にトッピング出来るので、便利です。

f:id:dietmacho:20181209165216j:image

まとめ

バルクアップはしっかりと食べなければできません。

体が大きくならないという人のほとんどは食事が足りてません。

私もその中の1人でした。

 

バルクアップの基本は

摂取カロリー>消費カロリー

 

もちろんオーバーカロリーになるので、ある程度の脂肪は付きますが、無駄な脂肪を付けないためにもPFCバランスも考えて摂取していきたいですね。

 

しっかりと食べて体を大きくしていきましょう。