ダイエットはマッチョに聞け!

ダイエットしたい人・マッチョになりたい人のためになる情報があるかも!?

ダイエットの停滞期なんてない!

どうも、よしです。

 

みなさんはダイエットをしていて、最初は調子よく体重が落ちていったのに、途中で体重がピタッと止まった経験はありますか?

俗に言われる停滞期です。

f:id:dietmacho:20190116060617j:image

なぜ停滞期が起こるのか?

どうしたら停滞期を脱出できるのか?

それでは、説明していきましょう。

 

 なぜ停滞期が起こるのか?

ダイエットにおいて1番重要なのは

摂取カロリー<消費カロリー

の状態にするということ

 

体重が停滞するということは

摂取カロリー=消費カロリー

になっているんです。

簡単ですよね。

 

では、なぜ摂取カロリー=消費カロリーになるのか?

理由は大きく分けて2つあります。

 消費カロリーの減少

 

1つ目の理由は摂取カロリー<消費カロリーであったものが摂取カロリー=消費カロリーになるということです。

つまり、消費カロリーが下がったということです。

消費カロリーの中には、基礎代謝量と活動代謝があります。

摂取カロリーを落として、ダイエットが順調に進んで体重が落ちると、基礎代謝量も落ちます。

こうなると、摂取カロリー=消費カロリーの状態になって体重が停滞します。

 

 ホメオスタシス

 

もう1つの理由がホメオスタシス

 

簡単に言うと体の省エネ状態


急激に体重が落ちるとホメオスタシスが働き、食事からのエネルギー吸収率が高まったり、基礎代謝量や運動時の消費エネルギーも低く抑えられたりして、それ以上の体重減少を防ごうとする働きです。

ホメオスタシスは、体重が5%減少すると働く

ダイエット中の「停滞期」が、どのタイミングでどのくらいの期間続くのかは個人差があります。

 

ほとんどの停滞期がカロリーの計算ミス

 停滞期と言われるほとんどの場合は、消費カロリーが減っているにもかかわらず、摂取カロリーを同じだけ摂取しています。

摂取カロリー=消費カロリーの状態がずっと続いているんです。

 

解消する方法は2つ

①摂取カロリーを少し下げる

②消費カロリーを少し上げる

そうすると

摂取カロリー<消費カロリーになります。

これで体重は減っていきます。

 

体重が停滞しているということはダイエットが進んでいた証拠

 私の考えでは、体に無理のあるダイエットをしたり、体重を急激に落としたりしない限り、ホメオスタシスはほとんど働かないと思います。

 

体重が停滞したら、これまでのダイエットは正しかったと思って、焦らずに摂取カロリーを下げるか、消費カロリーを上げてダイエットを続けましょう。