ダイエットはマッチョに聞け!

ダイエットしたい人・マッチョになりたい人のためになる情報があるかも!?

ダイエット中にお酒ってどうなの?

どうも、よしです。

 

あと2ヶ月で今年も終わりですね。

年末年始といえば

忘年会や新年会とお酒を飲む機会が増える時期ですね。

まあ無理にお酒は飲まなくてもいいですが。

 

ダイエット中にお酒ってどうなの?

 

ダイエットをした事ある人は1度は考えたことがあると思います。

ダイエットとお酒について説明していきましょう。

 

 

お酒のカロリー

 お酒にはアルコールが含まれています。

実はアルコールにもカロリーがあります。

P(プロテイン)…4kcal

F(脂質)…9kcal

C(炭水化物)…4kcal

に対しアルコールのカロリーは1g当たり7kcal

 

もちろんお酒はアルコールだけでなく糖質(炭水化物)なども含まれます。

お酒には様々な種類があり、それぞれカロリーが違います。

とりあえずビールから←もう古い?

ビールの銀色のやつは

100ml当たり

エネルギー:42kcal

たんぱく質:0.2〜0.4g

脂質:0g

糖質:3.0g

 

たんぱく質は0.4g×4=1.6kcal

糖質は3.0×4=12kcal

合わせて1.6+12=13.6kcal

 

あれ?42kcalにならない…

あとはアルコールの分です。

 

ビールはアルコール度数が5%

アルコールの量は100mlの5%だから5ml

グラム数に直すと5ml×0.8=4g

アルコールのカロリーは1g当たり7Kcalで

4×7=28kcal

よって

13.6+28=41.6kcal

四捨五入すると42kcal

 

やったーーー正解☆

 

350ml缶なら147kcal

500ml缶なら210kcal

 

最近の流行りの糖質が含まれていないストロング缶(9%)なら

100ml当たり52kcal

糖質:0.4g×4=1.6kcal

アルコール:100×0.09×0.8=7.2

7.2×7=50.4kcal

 

350ml缶なら182kcal

500ml缶なら260kcal

 

アルコールのカロリーはエンプティカロリー 

 アルコールのカロリーはエンプティカロリー と言われることがあります。

エンプティ=空(から)

アルコールは人間にとって基本的に毒

毒素を外に排出しようとアルコールのカロリーが優先的に使われると言われています。

アルコール摂取による体温の上昇や発汗で代謝される

とは言っても、カロリーはカロリーなので、余剰分は脂肪になります。

  

お酒だけならカロリーはそれほど高くない

お酒で太る人はおつまみで太っている人がほとんど。

唐揚げやフライドポテト、締めのラーメンといった高カロリーな食事を取れば、摂取カロリーがオーバーするのは一目瞭然。

脂質や炭水化物の取りすぎ注意!

 

お酒と塩分の多い食事で浮腫む

 一日の摂取カロリーを抑えても、浮腫みによって体重が増える時があります。

ただ、これは脂肪が増えたのではなく、体に水分を溜め込んで体重が増えているだけなので、数日経てば元に戻ります。

 

まとめ

お酒との付き合いは人それぞれ

楽しむときは楽しむ人もいれば、考えて飲む人もいる

ストレス解消になる人もいるので、使い方次第

お酒を飲みながら、ダイエットを成功させることもできる

 

お酒の量はほどほどに

おつまみの内容も考えて 

もちろん

お酒は20歳になってから

お酒は呑んでも呑まれるな